« 【+2】蛍光塗料 | トップページ | 【+2】私の手 »

2010年3月 6日 (土)

【+2】計らい

母猫に威嚇される霊なった二匹の子猫。このシチュエーションから悲しくて哀れな気持ちがくるなぁ。そして体験者さまの優しい気持ちが伝わってくる良い実話怪談でした。僕は実話怪談を読みたいので、怪異が弱くても文章からメッセージを感じれればいいわけで。そこに必ず悲しい死があるわけだから。そして体験者の気持ちやそこで感じた事を出来るだけリアルに共有したかったりします。体験者の死に対しての気持ちの部分は伝わってきましたよ。だけど全体的に評価すると、引っかかりみたいなものは弱いかな。たくさんある実話怪談のいちエピソードとしては生きて来る話だと思いますが単体では弱いかな。

« 【+2】蛍光塗料 | トップページ | 【+2】私の手 »

超-1/2010」カテゴリの記事